ECS LIVA

 radikoを録音するため用で超コンパクトで安い「ECS LIVA」を導入してみました。

 「LIVAとはなんぞ?」という人はこちらをどうぞ。
   http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/nishikawa/20140331_641997.html

 ・本体:LIVA B3 2G 32G(ドスパラで購入。17,980円)
 ・OS:Windows8.1update 64bit版(BUY MOREで購入。12,480円)
 ・KB、マウス:ロジクール mk270(BUY MOREで購入。1,580円)
 ・HDMIケーブル(じゃんぱらで購入。600円)
 ・radiko録音ソフト:ラジ録2 Windows版(アマゾンにて購入。1,886円)
 ・OSインストール用DVDドライブ:ロジテック LDR-PMG8U3LBK(借り物)

 LIVAはベアボーン扱いでの販売になってますが、CPU、メモリ、記録媒体(eMMC 32GB)は基板上に取り付け済みなので、後は無線LAN・Bluetoothカード及びアンテナの取り付けと、ケースに付ける作業ぐらいです。ただ、ケースは一度閉じてしまうと、開けるのに難儀するようなので要注意とのこと。
 ※ちなみにドスパラではOSインストールモデルも販売しています。

 OSインストールは最初に読み込みトラブルがあったぐらいで、後は問題なく終了。
 最初、DVDドライブをUSB3.0の方に繋いたところ、インストールディスクは読み込むものの、何度やっても最初のメッセージ(ANY KEY …)から先に進まないため、USB2.0に繋ぎ替えたところ、うまく読み込むようになりました。USBの電源容量的に厳しいかと思いましたが最後まで大丈夫でした。

 ちなみにradiko録音の安定運用が最優先なため、無線LANとBluetoothは使用しないようにしてあります。

 速さというか引っかかりは、軽い作業(メール、音楽、インターネット)なら問題なし。動画はYoutubeでいうところの720pまでの画質なら大抵はOK、1080pだと厳しいです(モニターは1920×1080で使用)。

 肝心の「ラジ録2 Windows」の録音は、タイマー録音をいろいろ試してみましたが、こちらも問題なく動作しました(スリープ→解除→録音→スリープも大丈夫)。

 メインであれこれ使うには厳しいですが、用途が決まっていれば、

  ・小さい
  ・電力
  ・静か
  ・安い

と四拍子揃っているので、結構便利かも。


Diginnos LIVA Windows8.1 インストールモデル
サードウェーブデジノス


Amazonアソシエイト by Diginnos LIVA Windows8.1 インストールモデル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語
マイクロソフト(DSP)
2013-10-18


Amazonアソシエイト by Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ラジ録2 Windows版 [ダウンロード]
マグノリア
2011-08-09


Amazonアソシエイト by ラジ録2 Windows版 [ダウンロード] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック